戸狩温泉



戸狩温泉は長野県飯山市の温泉で山側には戸狩温泉スキー場があるので冬場はスキー客でにぎわいます。

戸狩温泉スキー場にはオリオンゲレンデ、カシオペアゲレンデ、ペガサスゲレンデの3つがあり、初心者から上級者まで楽しめるスキー場です。

キッズパーク、キッズルームと子どもも楽しめるスペースがあります。


【戸狩温泉の泉質】

泉質:アルカリ性単純温泉

効能:冷え性、疲労回復、筋肉痛、関節痛、五十肩、打ち身、慢性消火器病、運動麻痺、痔疾など


【戸狩温泉へのアクセス】

JR:飯山線「戸狩野沢温泉駅」よりバス5分

車:上信越道豊田飯山ICより
  R117

 戸狩温泉周辺のマップ


【宿泊】

戸狩温泉にはスキー場があるため、スキー客用の民宿や旅館、ホテルがあります。

露天風呂のある共同浴場「暁の湯」「望の湯」(500円)があります。

スキーのあとに入ってみるのもいいですね。



戸狩温泉のお宿さがし


スノーボード旅行で休暇を過ごそう

万座温泉

万座温泉


万座温泉は、群馬県吾妻郡嬬恋村の上信越高原国立公園内、白根山の南稜にある温泉です。

万座温泉は標高1800mという高地にあり、一年を通して車で行くことができる日本で一番高いところにある温泉です。また万座温泉硫黄の成分含有量が日本一の温泉でもあり、白く濁ったり黄色く濁った温泉が特徴です。

近くに万座温泉スキー場もあり、スキーを楽しんだあとは温泉にも入れます。

空吹」という小高い山の中腹から、地面に染み込んだ雨水や地下水が硫化水素ガスとともに勢いよく吹き出す観光名所もあります。


【万座温泉の泉質】

泉質:酸性硫黄泉

効能:糖尿病、胃腸病、神経痛、膠原病、リュウマチ、心臓病、自律神経失調症、関節炎、腰痛、アトピー性皮膚炎、婦人病、貧血、便秘、ゼンソクなど


【万座温泉へのアクセス】

JR:上越新幹線「高崎駅」より
 上越線「渋川駅」→吾妻線「万座・鹿沢口駅」→バスで約40分。

車:上信越自動車道「松井田妙義IC」より
 R18(碓氷バイパス)→白糸ハイランドウェイ →鬼押ハイウェイ → 嬬恋村三原より →万座ハイウェー

 万座温泉周辺のマップ


【宿泊】

万座温泉は比較的ホテルが多めです。

日帰り入浴は「万座温泉湯めぐり手形」(700円)を購入すると1カ所500円で万座プリンスホテル万座温泉日進舘万座亭万座温泉聚楽万座高原ホテル万座高原ロッジなどの3カ所まで好きなところに入ることができます。宿泊者用の「万座温泉湯めぐり手形」は1200円で3カ所まで無料。

万座温泉は硫黄泉ですが、成分は宿泊施設によって少しずつ違っていますので、湯めぐりで楽しんでもいいと思います。

万座温泉日進舘(旧万座温泉ホテル)のように湯治のできるところもあります。


★ 万座温泉のお宿さがし ★



★ 全国温泉宿予約 ★



愛知県に旅行するなら

沖縄県の観光はレンタカーで

カムイワッカ湯の滝

カムイワッカ湯の滝


カムイワッカ湯の滝は北海道斜里郡斜里町にある滝で、なんと滝自体が温泉となっているところです。

カムイワッカ湯の滝は知床半島の中央部にある硫黄山の中腹からカムイワッカ川に温泉が湧き出ており、北西方向に流れていくつかの滝を経てオホーツク海に注いでいる。

知床半島世界遺産に登録されてからは観光客が増加し、いまでは「一の滝」のみ入浴は可能となっています。(水着着用)

カムイワッカ湯の滝までは林道を歩き、さらに沢登りをしなければならりません。そのため、動きやすい服装をしてワラジをはく必要があります。

それでも、多くの観光客が訪れていて「一度は行ってみる価値がある温泉」と言えると思います。


【カムイワッカ湯の滝の泉質】

泉質:硫黄泉、硫酸泉

効能:動脈硬化症、慢性気管支炎、慢性皮膚病、糖尿病、便秘など


【カムイワッカ湯の滝へのアクセス】

7月中旬から9月中旬までの間しか行くことができません。

また、交通規制されているため「ウトロ温泉ターミナル」または「知床自然センター」よりシャトルバスを利用します。

ウトロ温泉までは
JR:釧網本線知床斜里駅より
 斜里バス知床ウトロ温泉行き「ウトロ温泉ターミナル」下車

バス:札幌より
 中央バス イーグルライナー(札幌 知床線)
 
飛行機:女満別空港より
 網走バス 

車:札幌より
 道央自動車道「旭川北IC」 →R39 →R334 →道道93号


 カムイワッカ湯の滝周辺のマップ


【宿泊】

カムイワッカ湯の滝の周囲には宿泊施設はありません。

そのため、「ウトロ温泉」にある宿泊施設やキャンプ場を利用するか、「岩尾別温泉」の「ホテル地の涯」を利用されるといいと思います。

なお、ウトロ温泉には「夕陽台の湯」という日帰り入浴施設があり、また「知床夕陽のあたる家」「知床グランドホテル 北こぶし」などの宿泊施設で日帰り入浴が可能です。


★ ウトロ温泉のお宿探し ★



★源泉・掛け流しの温泉宿探し★



梅ヶ島温泉

梅ヶ島温泉


梅ヶ島温泉は、静岡県静岡市葵区梅ヶ島の安倍川上流にある温泉で山梨県との県境にあります。

南アルプスを望むことができる秘境の温泉郷で、静鉄「新静岡駅」よりバスで約2時間。

梅ヶ島温泉は1700年前に発見されたといわれ、武田信玄の隠し湯として使われたこともあったという。そのころには近くに金山があり、身延に抜ける峠越えのルートも交易ルートとして栄えたそうです。

その他、徳川家康、徳川秀忠、清水次郎長、乃木希典の人物も入湯しており、古くから有名な温泉です。

日本の滝百選」に選ばれた「安倍の大滝」も近くあり、紅葉の季節はカエデや紅葉が色づいて美しい。


【梅ヶ島温泉の泉質】

泉質:硫黄泉

効能:リュウマチ、神経痛、糖尿病、皮膚病、婦人病、美肌など


【梅ヶ島温泉へのアクセス】

JR:「静岡駅」より
 しずてつジャストライン(安倍線/梅ケ島温泉)で120分

車:東名高速「静岡IC」より
 安倍街道 →県道27 →県道29を安倍川沿いに北上

 梅ヶ島温泉周辺のマップ


【宿泊】

木造の素朴な旅館が多く、安倍川源流の河畔に、旅館・民宿が11軒あります。

日帰り入浴施設は、梅ヶ島温泉街に「湯元屋」があり、温泉街より南に市営の「梅ヶ島新田温泉黄金の湯」がある。

また、老舗旅館の「梅薫楼」「金山温泉 ログハウス」「湯の島館」「梅の家旅館」「清香旅館」「旅館 いちかわ」「さかや」「旅館さつき苑」「民宿湯の華」「旅館ひよし」「泉屋旅館」「よしとみ荘」でも日帰り入浴が可能です。


★ 梅ヶ島温泉のお宿探し ★


★ 人気温泉地ランキングTOP20 ★

鎌先温泉

鎌先温泉


鎌先温泉は、宮城県白石市、蔵王連峰東南の山間にある温泉です。

鎌先温泉は昔から「傷は鎌先」と奥州の薬湯として有名で、火傷や傷に効果があるとされ、最近では手術のあとなどにも湯治のためにこの鎌先温泉に訪れる人が増えています。

鎌先温泉の開湯は正長元年(1428年)で、農夫が水を求めて鎌の先で地面を掘り起こしたところ、湯が湧き出したということから「鎌先」の名前がつきました。

鎌先温泉では「千と千尋の神隠し」で出てきたような「一條旅館」の木造4階建て建築が温泉のシンボルとして有名で、湯治客のために自炊部もあります。


【鎌先温泉の泉質】

泉質:ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉など

効能:打ち身、切り傷、リウマチ、神経痛、胃腸病、高血圧、動脈硬化症、婦人病、手術後の保養など


【鎌先温泉へのアクセス】

JR:東北新幹線「白石蔵王駅」より
 宮交仙南バス「関行き」→「白石駅」乗り換え →白石市民バス「福岡線」 「鎌先温泉」下車

 東北本線「白石駅」より
 白石市民バス「福岡線」 「鎌先温泉」下車

車:東北自動車道「白石IC」より
 R4号 →県道254号

 鎌先温泉周辺のマップ


【宿泊】
宿泊施設は5軒あります。

日帰り入浴は「一條旅館」「すヾきや旅館(すずきや)」「最上屋旅館」「木村屋旅館」「四季の宿みちのく庵」の5軒とも可能です。


★ 人気温泉地ランキングTOP20 ★


★ 旅のクチコミ ★



★ 鎌先温泉のお宿 ★

斐乃上温泉(ひのかみおんせん)

斐乃上温泉


斐乃上温泉は、島根県仁多郡奥出雲町竹崎、出雲神話ヤマタノオロチ伝説で知られる船通山山麓にある温泉。

斐乃上温泉は中央温泉研究所と藤田聡によって「日本三大美肌の湯」(喜連川温泉嬉野温泉斐乃上温泉)に選ばれていて、美肌に対する効能はお墨付き。

鳥取県との県境付近の山側に斐乃上温泉があり、宿は2軒でイワナなどの川魚料理が出ます。

斐乃上温泉秘湯といえるほどの小さな温泉ですが、肌ざわりが柔らかくてクセのない泉質に女性客に密かに人気があります。

一度訪れてみてはいかがでしょうか?

近くには、「奥出雲たたらと刀剣館」「びいどろギヤマン瓶燿舎」「奥出雲おろちループ橋」があります。


【斐乃上温泉の泉質】

泉質:アルカリ性単純温泉

効能:美肌、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、痔疾、冷え性、慢性消化器病、皮膚病、慢性婦人病など


【斐乃上温泉へのアクセス】

JR:山陰本線「宍道駅」より
 JR木次線「出雲横田駅」下車 →バス「斐乃上温泉行き」斐乃上温泉 下車約25分

 JR「広島駅」より
 芸備線で「備後落合駅」→JR木次線「出雲横田駅」下車 →バス「斐乃上温泉行き」斐乃上温泉 下車約25分

車:中国自動車道道「新見IC」より
 R182 →県道8号 →R183 →県道9号 →県道108号

 山陰自動車道「宍道JCT」より
 松江自動車道「三刀屋木次IC」 →R314 →県道9号 →県道108号

飛行機:「出雲空港」より
 JR:「宍道駅」→JR木次線「出雲横田駅」下車 →バス「斐乃上温泉行き」斐乃上温泉 下車約25分

 斐乃上温泉周辺のマップ


【宿泊】

宿泊施設は2軒のみ「斐乃上荘」「かたくりの里 民宿たなべ


★ 人気温泉地ランキングTOP20 ★


★ 航空券予約 ★


★ 高速バス予約 ★

川湯温泉(北海道)

川湯温泉


川湯温泉は、北海道川上郡弟子屈町、摩周湖の西・屈斜路湖の東に位置する自然に囲まれた道東屈指の温泉地です。

川湯温泉は屈斜路湖の南東にある硫黄山(アトサヌプリ)を熱源とし、pH2前後の強酸性の温泉水がながれています。

そのため、川湯温泉草津温泉玉川温泉のように酸性の湯で薬湯として定評があります。

屈斜路湖はカルデラ湖で湖岸の砂浜を掘っても温泉が出るという砂湯は観光名所で、まさに大自然に囲まれた火山の恩恵を受けた町といえます。


【川湯温泉の泉質】

泉質:酸性硫化水素泉、酸性硫黄泉、重曹泉(川湯温泉駅周辺)

効能:リュウマチ、糖尿病、皮膚病、高血圧症、動脈硬化症、水虫、痔病など


【川湯温泉へのアクセス】

JR:「釧路駅」より
 釧網本線 普通・快速列車「川湯温泉駅」下車 →阿寒バス約10分

バス:JR「釧路駅前」より
 「川湯温泉行き」終点下車

車:釧路より
 R391

飛行機:「釧路空港」より
 バスで「釧路駅」 →JRまたはバス利用

  「女満別空港」「中標津空港」より
 シャトルバス(期間限定) 

 川湯温泉周辺のマップ


【宿泊】

宿泊施設は川湯温泉駅の駅前に1軒、バスで10分ほどの温泉街には20数軒あります。

川湯公衆浴場」「共同浴場 つつじの湯」「クアハウス屈斜路」に日帰り入浴施設があります。

また「御園ホテル」「川湯観光ホテル」「川湯第一ホテル 忍冬(すいかずら)」「川湯ホテルプラザ」「パレスホテル川湯」「温泉浪漫の宿 湯の閣
」「名湯の森ホテル きたふくろう」「川湯温泉パストラルホテル」「KKRかわゆ」「我家」「ホテル風月」「ホテル開紘」「HOTEL PARKWAY」の宿泊施設でも日帰り入浴が可能です。(入浴時間、泉質をお確かめのうえご訪問下さい)


★ 川湯温泉のお宿探し ★


★ 航空券予約 ★


★ANA楽パック(航空券+宿泊)★

関温泉

関温泉


関温泉は、新潟県妙高市関温泉、妙高高原の麓にある温泉。

燕温泉より東側にあります。

越後の三名湯赤倉温泉燕温泉関温泉)といわれています。

燕温泉は硫黄を含む炭酸水素泉で「白い色」なのに対して、関温泉は鉄分を含む「赤い色」です。

同じ妙高高原の麓なのに泉質が違っています。

関温泉鉄分塩分を含むので、熱を逃がさず体を温めポカポカになります。

関温泉のすぐ山側にはパウダースノーで知られている関温泉スキー場があるので、冬場には多くのスキー客が訪れます。

スキーをして疲れたあとは関温泉につかって体を温める。
なかなかいいかもしれません。


【関温泉の泉質】

泉質:弱アルカリ性含鉄食塩泉

効能:胃腸病、神経痛、アレルギー疾患、貧血など


【関温泉へのアクセス】

JR:信越本線「関山駅」より
 頚南バス「関・燕温泉行き」約12分。「休暇村前」下車

車:上信越自動車道「妙高高原IC」より
 R18 →豊橋交差点で左折し、妙高高原公園線

 関温泉周辺のマップ


【宿泊】

関温泉の宿泊施設は10数軒。共同浴場は閉鎖されてしまいましたが旅館で日帰り入浴が可能です。

日帰り入浴が可能な宿泊施設は「湯の宿 泉山」「朝日屋旅館」「やすらぎの宿 小松屋」「山の湯旅館 せきぜん」「旅館 吉野屋」「中村屋旅館」「グリーンヴィラ」「登美屋旅館」「山荘 神奈」「うぐいすの初音」などです。


★人気温泉地ランキングTOP20★


るるぶトラベル

喜連川温泉(きつれがわおんせん)

喜連川温泉


喜連川温泉は、栃木県さくら市あるのどかな田園風景が広がる中にある温泉


喜連川は足利氏の城下町だったところで、奥州白河の関に抜ける奥羽街道の宿場町として栄えました。

喜連川温泉の開湯は1981年と比較的新しく、当時「町おこし」のためボーリングによって掘り当てました。

喜連川温泉の泉質は良質で、中央温泉研究所と藤田聡によって「日本三大美肌の湯」(嬉野温泉斐乃上温泉喜連川温泉)として選ばれました。

公共の日帰り施設や宿泊施設があって気軽に訪れることができ、年間5万人以上が訪れます。

温泉手形を購入すると、7施設のうち3施設に入浴することができ、さらに特典つきです。(1,500円)



【喜連川温泉の泉質】

泉質:ナトリウム塩化物泉、
   含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(喜連川早乙女温泉)

効能:切り傷、火傷、皮膚病、神経痛、慢性婦人病、糖尿病など 


【喜連川温泉へのアクセス】

JR:東北本線「氏家駅」より
 東野交通バス「喜連川温泉行き」

車:東北自動車道「矢板IC」より
 R4 →R293

 喜連川温泉周辺のマップ


【宿泊】

宿泊施設は数軒。「かんぽの宿 栃木喜連川温泉」「ホテルベルセルバ」「ハートピアきつれ川」など

日帰り入浴が可能な施設は「喜連川温泉 もとゆ温泉」「喜連川温泉 露天風呂」「喜連川温泉 町営喜連川城」「かんぽの宿 栃木喜連川温泉」「ハートピアきつれ川」「道の駅きつれがわ」「喜連川早乙女温泉」です。

道の駅きつれがわ」は国道293号沿いに、また「喜連川早乙女温泉」は荒川をはさんだ対岸にあります。



★ 人気温泉地ランキングTOP20 ★


太地温泉(たいじおんせん)

太地温泉


太地温泉は和歌山県東牟婁郡太地町、那智勝浦から南へ行った紀伊半島の南端にある温泉。

太地町捕鯨基地としても有名で、クジラ料理が味わえる宿や料理店もあり、温泉だけではなく海の幸もぜひ味わいたい。

寒い冬には温暖な黒潮の影響を受けたここ太地温泉を訪れ、のんびりと過ごしてみるのもいいかも。

太地町にある「太地くじら浜公園」では「くじらの博物館」で捕鯨に関する資料が展示されています。またイルカのショーを見ることもできます。


【太地温泉の泉質】

泉質:塩化物泉

効能:切り傷、神経痛、慢性便秘症、リウマチ、胃腸病、月経障害など


【太地温泉へのアクセス】

JR:「新大阪駅」「京都駅」「新宮駅」より
 特急「スーパーくろしお号」「オーシャンアロー号」できのくに線「太地駅」または「紀伊勝浦駅」下車 →バス

 「名古屋駅」より
 特急「南紀号」で「紀伊勝浦駅」 →バス

車:阪和道「みなべIC」より
 R424号 →R42 →県道240号

 東名阪自動車道より
 伊勢自動車道「勢和多気JCT」→ R42

 太地温泉周辺のマップ


【宿泊】

民宿、旅館、国民宿舎が数軒あります。

日帰り入浴は「花いろどりの宿 花游」「国民宿舎 白鯨」「オーシャンビュー太地 蘭の湯」で可能です。

また鯨料理の食べることができるお宿は「花いろどりの宿 花游」「シーサイド一乃湯ホテル」「国民宿舎白鯨」「くじら家」「ペンション ゆう」「しっぽ」です。



★ 無料宿泊券を当てて旅に出よう ★

健康維持
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。