湯村温泉

湯村温泉

湯村温泉は、兵庫県美方郡新温泉町大字湯にある城崎温泉とも並ぶ山陰の名湯温泉。同名の温泉は山梨県、鳥取県にもある。

NHKのNHKドラマ「夢千代日記」のロケ地としてその風情が全国に知られるようになりました。

最近ではペット用の施設もでき、愛犬愛猫にも温泉で癒してあげることができます。



【湯村温泉の泉質】

泉質:炭酸水素塩泉

効能:一般的適応症、胃腸病、ムチウチ症、皮膚病、婦人病など




【アクセス】

JR:山陰線「浜坂駅」より
 全但バス(湯村温泉行き)

 山陰線「八鹿駅」より
 全担バス(湯村温泉行き)

バス:大阪・神戸より
 「夢千代号」
  大阪・京都・鳥取・広島より
 「ゆめぐりエクスプレス」

車:中国自動車道(福崎IC)より
 播但自動車道(和田山IC)→R9


湯村温泉は国道9号線沿いにあるので車でお出かけになった方が便利です。

 湯村温泉周辺のマップ



【宿泊】

湯村温泉にはホテル・旅館は20数軒あります。

日帰り施設は2軒(リフレッシュパークゆむら、薬師湯)他に足湯施設(ふれ愛の湯)があります。


高温の湯なので冬場は湯村の町の溝から湯気が立ちこめています。

近くにはスキー場などのレジャー施設もあります。

鳥取砂丘」などに行った帰りに一泊されてはいかがでしょうか。



★ 楽天で湯村温泉の宿探し ★


★ 全国温泉宿予約 ★


★無料宿泊券を当てて旅に出よう★





蔵王温泉

蔵王温泉

蔵王温泉は、高湯温泉、最上高湯とも呼ばれ、日本有数の湧出量を誇る蔵王連峰の西麓に湧く山形県の中でも有数の名湯。

泉質は強酸性の硫黄泉で、少し熱めの乳白色のお湯は肌がピリピリするほど酸性が強い。(pHは1.4前後)

特に皮膚に効くことから「難病治療の湯」「子供が丈夫に育つ湯」
また肌を白く滑らかにする「姫の湯」「美人づくりの湯」と言われている。

白布(山形県)、信夫(福島県)とともに「奥羽三高湯」に数えられる。

また蔵王といえば樹氷で知られ、冬場はスキー客でにぎわう。



【蔵王温泉の泉質】

泉質:酸性・含鉄・硫黄-アルミニウム-硝酸塩(強酸性硫黄泉)

効能:神経痛、美肌、切り傷、火傷、婦人病、虚弱児童、
   動脈硬化症、糖尿病、高血圧症など



【アクセス】

JR:山形駅より
  山交バス蔵王温泉行き、蔵王温泉下車

 仙台駅より
 仙山線で山形駅まで山交バス蔵王温泉行き、蔵王温泉下車

飛行機:山形空港より
 山形駅まで空港連絡バス

    仙台空港より
 直行バス「山形蔵王号」(予約制)

車:東北自動車道(村田J.C.T)より
 山形自動車道(山形蔵王I.C)→西蔵王高原ライン

  東北自動車道(白石蔵王I.C)より
 エコーライン(冬季は通行止め)



【宿泊】

ホテル、旅館から民宿まで用途に応じてあります。

外湯:外湯施設は「新左衛門の湯(男湯)あらたまの湯(女湯)」『蔵王センタープラザ「ゆ〜湯」』「源七露天の湯」(450円〜600円)

首都圏からの日帰りは難しいが近くに来ることがあれば寄りたい。

蔵王樹氷祭りの開催中には雪見蔵王大露天風呂として解放される露天風呂はおすすめです。

その他、観光案内所で1200円の湯めぐりこけしを購入すると様々な旅館の「湯めぐり」ができる。
このこけしには湯めぐりシールが3枚ついており、加盟旅館の番台でシールを1枚渡すとその旅館の温泉を利用することができます。

またこのシールは温泉街のお土産屋さんでも商品券代わりに1枚400円分として使うことができます。

またこけしの絵入れも可能(200円)


高温で酸性の泉質は草津温泉と似ています。


★ 楽天で蔵王温泉の宿探し ★


★ 全国温泉予約 ★


蔵王のなつかしい宿探し

蔵王温泉スキー場ゲレンデガイド


野沢温泉

野沢温泉

野沢温泉は長野県野沢温泉村にあり、新潟県との県境にある豊かな自然に囲まれた情緒溢れる温泉。

この温泉を利用して葉を洗ってから塩漬けにする野沢菜漬けは、この野沢温泉の名物。

また、冬には毛無山のふもとに積もる雪のおかげでスキーが楽しめる!

スキーを楽しんだ後にはこの温泉で疲れたからだを癒すととてもくつろげる。



【野沢温泉の泉質】

泉質:弱アルカリ性単純硫黄泉、硫酸塩泉など

効能: 一般的適応症、慢性皮膚病、神経痛、胃腸病、婦人病など



【アクセス】

JR:長野駅より飯山線
 戸狩野沢温泉駅下車バス15分

車:上信越自動車道豊田飯山ICより
 R292→R117



【宿泊】

旅館や民宿が多く、大規模なホテルや旅館は少ない。

冬季ははスキー客でにぎわい、学生のスキー合宿などにも利用される。

外湯は歩いて20分たらずの温泉街の中に13カ所の共同浴場がある。「大湯」「麻釜の湯」「熊の手洗湯」「河原湯」「真湯」「滝の湯」「秋葉の湯」など(無料)


 温泉街は旅館やみやげ物店がならび、温泉情緒たっぷり。タオルを片手に外湯めぐりが楽しめる。


★ 楽天で野沢温泉の宿探し ★


★ 旅の口コミ ★


★ 野沢温泉村HP ★



インハビタントでかっこよく決める
健康維持
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。