飛騨高山温泉

飛騨高山温泉


飛騨高山温泉は岐阜県高山市にある比較的新しい温泉。

平成元年7月に湧出し、その後、平成5年6月に2ヶ所に湧出した源泉を「飛騨高山温泉」と命名した。現在源泉は4ヶ所。

アルカリ性のナトリウム・カルシウム塩化物泉で肌がつるつるになる美肌効果に優れた温泉

飛騨の小京都高山北アルプスを眺めながら、ほうば味噌飛騨牛を舌づつみ。さらに温泉飛騨高山の楽しみがひとつ増えました。


【飛騨高山温泉の泉質】

泉質:弱アルカリ単純泉

効能:一般的適応症、美肌、慢性皮膚病、慢性婦人病、その他


【アクセス】

JR:高山本線「高山駅」 下車

車:長野自動車道「松本IC」より
 R158 高山方面

 東海北陸自動車道「清見IC」より
 中部縦貫道「高山西IC」→R158 高山方面


【宿泊】

現在二十数軒の宿で温泉を楽しめます

日帰り施設として「温泉施設クア・アルプ」があります。

なお、飛騨高山はフランスのミシュラン社の日本を訪れる外国人観光客向けの旅行ガイドで「必ず訪れるべき場所」のひとつに数えられています。


★ 飛騨高山温泉の宿探し ★

飛騨高山 本陣平野屋花兆庵











洲本温泉

洲本温泉


洲本温泉は兵庫県洲本市、淡路島の中心部東岸にある温泉。

京阪神からのアクセスも良く、フェリーやバスで気軽に行けるようになった。特に明石海峡大橋の開通により淡路島へは車でのドライブ圏内に入ったことも影響しています。

ここから見る関西空港の夜景はオススメ!

海水浴場もあり行楽に適しています。


【洲本温泉の泉質】

泉質:単純アルカリ泉

効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、痔、五十肩、冷え性、リウマチなど


【アクセス】

バス:JR「三ノ宮駅」「大阪駅」「新神戸駅」より
 高速バス 「洲本高速バスセンター」 下車

車:明石海峡大橋を渡り
 神戸淡路鳴門自動車道「洲本IC」→R28→県道76

船:「明石港」より
 フェリーにて「岩屋港」へ


【宿泊】 

大規模なリゾートホテルや旅館が多い。

五色温泉ゆ〜ゆ〜ファイブ」という立ち寄り温泉があります。

日帰り入浴可能な場所は「淡路インターナショナルホテルザ・サンプラザ」「淡路島国際ホテル・アレックス」「ホテルニューアワジ」(1300〜2100円)があります。


★ 洲本温泉の宿探し ★


★ ANA楽パック ★


温泉旅行は [Yahoo!トラベル]

湯の川温泉(北海道)

湯の川温泉(北海道)


湯の川温泉は北海道渡島支庁管内函館市にある開湯1653年と北海道の中でも歴史が古い温泉。

同名の温泉が島根県斐川町に存在し、こちらは「日本三美人の湯」(龍神温泉川中温泉湯の川温泉)として有名。

湯の川温泉は、函館市街の北東部にあり、比較的交通の便がいいところで、函館駅前からは路面電車で、また函館空港からは車ですぐのところにあります。

函館市内にあるので、地元の人もよく利用するとのこと。

湯の川温泉で旅の疲れや仕事の疲れを癒しながら函館観光を楽しんでみたらいかがでしょう。


【湯の川温泉の泉質】


泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉

効能:一般的適応症、慢性婦人病など


【アクセス】

JR:「札幌駅」より
 函館本線「函館駅」下車 →函館市電湯の川線「湯の川温泉駅」下車

バス:中央バス札幌ターミナルより
 「八雲町・七飯町経由函館市湯の川温泉行き」

飛行機:「函館空港」より
 タクシーですぐ

車・船:青森港より
 東日本フェリー「函館港」



【宿泊】

宿泊施設は約30軒程度存在する。

公衆浴場が「日の出湯」「長生湯」「永寿湯」の3軒あります。



★ 湯の川温泉の宿探し ★



★”源泉気分” ぽっかぽか ★







健康維持
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。