霧島温泉

霧島温泉


霧島温泉は、鹿児島県霧島市牧園町にある九州有数の温泉地で、丸尾温泉とも呼ばれています。

霧島温泉郷の中心的な存在であり、韓国岳を中心とした霧島連峰の山裾、標高600mから850mに丸尾、新湯、林田、湯之谷、関平、硫黄谷、栗川、殿湯の温泉が点在しています。

比較的標高の高いところにあるので、避暑地として名高く、ドライブコースになっています。

西郷隆盛の推薦で、坂本龍馬と妻おりょうが慶応2年(1866年)に湯治をしたと言われ、日本で最初の新婚旅行の地といわれています。


【霧島温泉郷の泉質】

霧島(丸尾)温泉
泉質:硫黄泉、単純泉
効能:一般的適応症、やけど、切り傷、動脈硬化症など


【アクセス】

JR:日豊本線「霧島神宮駅」より
 バスまたはタクシー

JR:肥薩線「霧島温泉駅」より
バスまたはタクシー

JR:「鹿児島中央駅」より
 バス「霧島温泉行き」

車:宮崎自動車道「高原IC」より
 R223

 九州自動車道「横川IC」より
 県道50号 霧島温泉方面 →R223

飛行機:「鹿児島空港」より
 バス「霧島行き」バス時刻表


【宿泊】

温泉ホテルや旅館、湯治宿があります。

霧島ホテル」「霧島国際ホテル」「旅行人山荘」「牧水荘」「霧の里 本館」「霧島いわさきホテル」「ホテル静流荘」「野々湯温泉」「霧島湯之谷山荘」「祝橋温泉旅館」で日帰り入浴が可能です。


★ 霧島温泉のお宿探し ★


★人気温泉地ランキング★

沖縄県の観光はレンタカーで





こんぴら温泉郷

こんぴら温泉郷


こんぴら温泉郷は香川県仲多度郡琴平町にある温泉。

平成9年に温泉が発見され、金刀比羅宮への参拝だけでなく温泉という楽しみが増えました。

金刀比羅宮の門前町に温泉旅館が建ち並んでいます。

石段を登って疲れた足を温泉で癒し、さらに名物の讃岐うどんを堪能して見るのもいいかも。


【こんぴら温泉郷の泉質】

泉質:ナトリウム・カルシウム−塩化物温泉

効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、関節のこわばりなど


【アクセス】

JR:「岡山駅」より
 瀬戸大橋線、予讃線、土讃線「琴平駅」下車

JR:「高松駅」より
 高松琴平電鉄「琴電琴平駅」下車

車:瀬戸大橋より
 高松自動車道「善通寺IC」→R319

 高松より
 R11→ R32

飛行機:「高松空港」より
 琴空バスで琴平まで

バス:「東京駅」「新宿西口」より
 長距離バス


【宿泊】

10数軒の宿があります。

湯元八千代」「華の湯 紅梅亭」で日帰り入浴が可能です。


★ こんぴら温泉のお宿探し ★


★ANA楽パック(航空券+宿泊 )★



★ 航空券予約 ★

川湯温泉(和歌山)

川湯温泉


川湯温泉は、和歌山県田辺市の静かな山間の清流沿いにある温泉。

同名の温泉が北海道上郡弟子屈町にもありますが,今回は和歌山県のほうの川湯温泉

川湯という名前の通り、熊野川支流の大塔川の川底からお湯が湧き出ています
スコップ持参で川底を掘れば、自分専用の露天風呂ができあがり。

毎年、川の水量が減少する冬期(11月〜2月)には川をせき止めて「仙人風呂」という大きな露天風呂を作られていて、その温泉の名物となっています。
女性専用の脱衣所も設けられ、水着でもOKのようですので、女性でも安心して入ることが出来ます。

水着も恥ずかしい人は公衆浴場もあります。
川湯温泉 公衆浴場

熊野古道龍神温泉にも近いので、観光ルートに加えてみては。


【川湯温泉の泉質】

泉質:アルカリ単純泉

効能:神経痛、糖尿病、リウマチ、慢性皮膚病、慢性婦人科疾患など


【アクセス】

JR:「新大阪駅」より
 JR紀勢本線「紀伊田辺駅」下車→龍神バス「本宮行き」川湯下車

JR:「名古屋駅」より
 JR紀勢本線「新宮駅」下車→熊野交通バス「本宮行き」川湯下車

近鉄:「大和八木駅」より
 奈良交通バス「本宮または新宮行き」

車:西名阪自動車道「柏原IC」より
 R165→ R24 →R168


【宿泊】

10件ほどの宿があります。

川湯温泉 仙人風呂」「川湯温泉 公衆浴場」「川湯温泉露天風呂」があります。

★ 川湯温泉のお宿探し ★


★ 人気温泉地ランキング ★



ゆこゆこおしゃれ旅のこだわり国内旅行



健康維持
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。