カムイワッカ湯の滝

カムイワッカ湯の滝


カムイワッカ湯の滝は北海道斜里郡斜里町にある滝で、なんと滝自体が温泉となっているところです。

カムイワッカ湯の滝は知床半島の中央部にある硫黄山の中腹からカムイワッカ川に温泉が湧き出ており、北西方向に流れていくつかの滝を経てオホーツク海に注いでいる。

知床半島世界遺産に登録されてからは観光客が増加し、いまでは「一の滝」のみ入浴は可能となっています。(水着着用)

カムイワッカ湯の滝までは林道を歩き、さらに沢登りをしなければならりません。そのため、動きやすい服装をしてワラジをはく必要があります。

それでも、多くの観光客が訪れていて「一度は行ってみる価値がある温泉」と言えると思います。


【カムイワッカ湯の滝の泉質】

泉質:硫黄泉、硫酸泉

効能:動脈硬化症、慢性気管支炎、慢性皮膚病、糖尿病、便秘など


【カムイワッカ湯の滝へのアクセス】

7月中旬から9月中旬までの間しか行くことができません。

また、交通規制されているため「ウトロ温泉ターミナル」または「知床自然センター」よりシャトルバスを利用します。

ウトロ温泉までは
JR:釧網本線知床斜里駅より
 斜里バス知床ウトロ温泉行き「ウトロ温泉ターミナル」下車

バス:札幌より
 中央バス イーグルライナー(札幌 知床線)
 
飛行機:女満別空港より
 網走バス 

車:札幌より
 道央自動車道「旭川北IC」 →R39 →R334 →道道93号


 カムイワッカ湯の滝周辺のマップ


【宿泊】

カムイワッカ湯の滝の周囲には宿泊施設はありません。

そのため、「ウトロ温泉」にある宿泊施設やキャンプ場を利用するか、「岩尾別温泉」の「ホテル地の涯」を利用されるといいと思います。

なお、ウトロ温泉には「夕陽台の湯」という日帰り入浴施設があり、また「知床夕陽のあたる家」「知床グランドホテル 北こぶし」などの宿泊施設で日帰り入浴が可能です。


★ ウトロ温泉のお宿探し ★



★源泉・掛け流しの温泉宿探し★



梅ヶ島温泉

梅ヶ島温泉


梅ヶ島温泉は、静岡県静岡市葵区梅ヶ島の安倍川上流にある温泉で山梨県との県境にあります。

南アルプスを望むことができる秘境の温泉郷で、静鉄「新静岡駅」よりバスで約2時間。

梅ヶ島温泉は1700年前に発見されたといわれ、武田信玄の隠し湯として使われたこともあったという。そのころには近くに金山があり、身延に抜ける峠越えのルートも交易ルートとして栄えたそうです。

その他、徳川家康、徳川秀忠、清水次郎長、乃木希典の人物も入湯しており、古くから有名な温泉です。

日本の滝百選」に選ばれた「安倍の大滝」も近くあり、紅葉の季節はカエデや紅葉が色づいて美しい。


【梅ヶ島温泉の泉質】

泉質:硫黄泉

効能:リュウマチ、神経痛、糖尿病、皮膚病、婦人病、美肌など


【梅ヶ島温泉へのアクセス】

JR:「静岡駅」より
 しずてつジャストライン(安倍線/梅ケ島温泉)で120分

車:東名高速「静岡IC」より
 安倍街道 →県道27 →県道29を安倍川沿いに北上

 梅ヶ島温泉周辺のマップ


【宿泊】

木造の素朴な旅館が多く、安倍川源流の河畔に、旅館・民宿が11軒あります。

日帰り入浴施設は、梅ヶ島温泉街に「湯元屋」があり、温泉街より南に市営の「梅ヶ島新田温泉黄金の湯」がある。

また、老舗旅館の「梅薫楼」「金山温泉 ログハウス」「湯の島館」「梅の家旅館」「清香旅館」「旅館 いちかわ」「さかや」「旅館さつき苑」「民宿湯の華」「旅館ひよし」「泉屋旅館」「よしとみ荘」でも日帰り入浴が可能です。


★ 梅ヶ島温泉のお宿探し ★


★ 人気温泉地ランキングTOP20 ★

健康維持
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。