銀山温泉

銀山温泉 


銀山温泉は山形県尾花沢市、銀山ダムの上流にある温泉。

NHK連続テレビ小説「おしん」の舞台となった温泉地です。

近年、山形新幹線が延びてからアクセスがよくなった事や、大正時代から昭和の初期にかけて建築されたレトロな雰囲気の木造建築により人気となっています。


【銀山温泉の泉質】

泉質:含食塩硫化水素泉

効能:皮膚病・神経痛・リウマチ・痔疾・便秘など


【アクセス】

JR:東京駅より
 山形新幹線「大石田駅」下車→バス「銀山温泉行」

車:東北中央道「東根IC」より
 R13→尾花沢
 注)、温泉街は車の通行ができないので、宿屋の指定した駐車場に駐車しなければならない。日帰り客は温泉街入口に車を止めて徒歩で温泉街に向かう(約5分)

飛行機:山形空港より
 JR:「さくらんぼ東根駅」→「大石田駅」下車→バス「銀山温泉行」



【宿泊】


温泉街の光景は風情たっぷりで、銀山川の清流をはさんだ両側に木造の旅館が軒を接するように並んでいます。
温泉街は200mほどで規模は小さく旅館、ホテルは10数軒。


立ち寄り可能な施設は「仙峡の宿 銀山荘」「源泉館」「永澤平八」「銀山温泉共同浴場」「しろがね湯」



【銀山温泉 旅館 松本】








この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

銀山温泉 滝見館
Excerpt: 夏旅行? 天童 「吉里吉里」大正ロマンの情緒あふれた銀山温泉で、その街並み、温泉、お料理と堪能。 チェックアウトした後、ちょっと散策や足湯に入ったりしながら、銀山温泉を後に・・・。 仲居さん、番頭さん..
Weblog: 温泉旅行を楽しもう
Tracked: 2007-09-23 12:35
健康維持
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。