粟津温泉

粟津温泉


粟津温泉は石川県小松市南部の丘陵地に位置する北陸最古の温泉。

加賀温泉郷の中で最も西に位置し、最も規模が小さい。(宿泊施設は7軒程度)


粟津温泉は養老2年(718年)、泰澄大師によって発見されたと伝えられるほど古く、ここには世界最古の宿としてギネスブックにも載った「法師」という旅館もあります。


【粟津温泉の泉質】

泉質:ナトリウム硫酸塩泉

効能:美肌、外傷、リューマチ、神経痛、高血圧症、動脈硬化症筋肉痛、痔疾など

湯は宿によって微妙に違うようですが、基本的に塩分を含む芒硝泉(硫酸ナトリウム)でしっとり感が残ります。



【アクセス】

JR:北陸本線「小松駅」より
 小松バス「粟津温泉・那谷寺行き」 

 北陸本線「加賀温泉駅」より 
 加賀温泉バス「那谷寺経由粟津温泉行き」

バス:「渋谷マークシティ」「八王子駅」より
 高速バス 渋谷・八王子〜金沢・加賀線 

飛行機:小松空港より
 車で20分

車:北陸自動車道「片山津IC」で降りる



【宿泊】

宿泊は少なく旅館は7軒程度だが、「法師」など老舗の旅館がある。


また、「粟津温泉総湯」(260円)という共同浴場があります。

山中温泉や山代温泉に比べて静かで情緒があり、古い歴史を感じさせるところです。


★ 粟津温泉の宿探し ★


★ 人気温泉ランキング ★





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
健康維持
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。