湯の川温泉

湯の川温泉(島根)


湯の川温泉は、島根県簸川(ひかわ)郡 斐川(ひかわ)町、宍道湖の西部、三方を山に囲まれた田園地帯に湧く温泉です。

ほう酸含有量が多く、肌を白くするといわれ、日本三美人の湯龍神温泉川中温泉、湯の川温泉)のひとつに数えられるなめらかな温泉。

北海道にも同名の「湯の川温泉」がありますが、今回は島根の「湯の川温泉」


この温泉は神話の国出雲らしく、出雲の国の大国主命(おおくにぬしのみこと)と恋に落ちた稲葉の国の八上姫が発見したといわれるほど歴史は古い。

アクセスも良く出雲空港から車で5分、JR「荘原駅」から歩いて10分ほどのところにある。

のどかな風景を見ながらこの温泉につかって肌をきれいにし、縁結びの神様として知られる「出雲大社」に参ってみては。


【湯の川温泉の泉質】

泉質:ナトリウム・カルシウム・硫酸塩・塩化物泉

効能:美肌、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩など


【アクセス】

JR:山陰本線「荘原駅」より
 徒歩10分

車:山陰自動車道「宍道IC」より
 斐川町方面

飛行機:「出雲空港」より
 車で5分


【宿泊】

宿泊施設は数軒があります。

日帰り施設は「ひかわ美人の湯」(500円)があります。


★ 湯の川温泉の宿 ★


★ANA楽パック 航空券+宿泊★



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
健康維持
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。