那須温泉郷

那須温泉郷


那須温泉郷は、栃木県那須郡にある那須岳の周辺に点在する温泉の総称で那須連峰の麓に点在する「湯本温泉」「新那須温泉」「高雄温泉」「八幡温泉」「弁天温泉」「旭温泉」北温泉「大丸温泉」などの温泉を総称して那須温泉郷と呼びます。

那須温泉は奈良・飛鳥時代に鹿が温泉で傷を癒しているところを発見されたとされ、共同浴場に「鹿の湯」という名前が残っています。

江戸時代には温泉番付で「東の関脇」に位置していて、松尾芭蕉も奥の細道の道中で那須湯本温泉に泊まっています。

登山やハイキングには茶臼岳や那須高原への入り口としても利用されていいます。


【那須温泉郷の泉質】

活火山「茶臼岳」の影響で硫黄や硫化水素を含んでいる。
各温泉で泉質は異なっています。

湯本温泉:硫黄泉含鉄泉
新那須温泉:単純泉
高雄温泉:硫黄泉
八幡温泉:単純泉
弁天温泉:単純泉
旭温泉:単純泉
北温泉:単純泉
大丸温泉:単純泉
三斗小屋温泉:炭酸カルシウム鉄泉

効能:単純泉(神経痛、筋肉痛、関節痛など)
   硫黄泉(リウマチ、皮膚病、胃腸病など)


【アクセス】

JR:東北本線「黒磯駅」より
 東野バス

車:東北自動車道「那須IC」より
 県道「那須高原方面」(湯本温泉以外は那須高原道路利用)


【宿泊】

湯本温泉は古くからあり10数軒の宿が、新那須温泉にはやや豪華なホテル等が多く、標高の一番高い大丸温泉は4軒存在します。

共同浴場は湯本温泉の「鹿の湯」の他に「那須山」「北温泉」「弁天温泉」があります。
また日帰り可能な宿泊施設も「旅館 ひがしやま」「サンバレーリゾート那須」「ホテルビューパレス」「ブランヴェール那須」などいくつかあります。


★ 那須温泉のお宿探し ★


★楽天トラベルランキング広場★




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57725757

この記事へのトラックバック
健康維持
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。