白布温泉

白布温泉


白布温泉(しらぶ)は山形県米沢市南部にある標高900Mの吾妻山山峡の山里の湯治場風情が漂う温泉。

開湯は1312年と古く、江戸時代には奥州三高湯蔵王温泉高湯温泉白布温泉)の一つに数えられました。

このあたりは紅葉が有名で、西吾妻スカイバレー有料道路を通って、白布温泉から磐梯高原や猪苗代湖・会津若松へ向かう高原ドライブが楽しめます。

また冬にはスキー場、夏には登山の基地として楽しめます。


【白布温泉の泉質】

泉質:硫黄泉(含石膏硫化水素泉)

効能:動脈硬化症、きりきず、やけど、神経痛、冷え性、疲労回復など


【アクセス】

JR:奥羽本線、山形新幹線「米沢駅」より
 バス「白布温泉行き」50分

車:東北自動車道「福島飯坂IC」より
 R13 →県道376 →県道151 →県道2号線


【宿泊】

約10軒の宿があります。

白布温泉では、東屋中屋西屋という茅葺き屋根の三旅館が有名でしたが、東屋、中屋は2000年の火事により焼失してしまいました。
現在は木造の旅館として再建しています。

日帰り入浴は「東屋旅館」「西屋旅館」「中屋別館 不動閣」「白布森の館」で可能です。


*「奥州三高湯」について
 ここでは「奥州三高湯」を蔵王温泉、高湯温泉、白布温泉としましたが、高湯温泉の代わりに信夫(しのぶ)温泉と記述しているものもあります。
二つの温泉は位置的には近く、高湯温泉は信夫温泉の上流にあります。
歴史的に高湯温泉と考えられたため高湯温泉を採用させてもらいました。
なお、高湯温泉は白布温泉から東側に位置しています。


★ 白布温泉の宿 ★


★ 旅の口コミ ★



露天風呂付客室のある宿
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

山形の秘湯温泉
Excerpt: 米沢の秘湯 姥湯温泉 桝形屋旅館 山形県米沢市峠姥湯1 0238-34-2157 日帰り入浴時間:9時~16時 途中から舗装路がなくなり、さらに林道を登り切ったところに姥湯温泉の入り口につきま..
Weblog: 日本の温泉「秘湯」
Tracked: 2008-02-02 11:19
健康維持
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。