箱根強羅温泉

箱根強羅温泉


箱根強羅温泉は神奈川県足柄下郡箱根町強羅、早雲山の東斜面、標高600メートルの所に広がる温泉。

箱根強羅温泉は「箱根十七湯」の一つで明治26年に早雲地獄からの引き湯で始まり、昭和25年に良質で大量の温泉が発掘され、現在では源泉数も46にのぼり、箱根第2の規模の温泉街となりました。

温泉の泉質もおもに硫酸塩泉、塩化物泉、単純泉、炭酸塩泉で9種類が湧出し、宿泊施設によってさまざまなお湯が楽しめます。

アクセスも箱根登山鉄道や国道が通っており首都圏からも気軽に訪れることができます。


【白布温泉の泉質】

泉質:単純泉、単純硫黄泉、弱食温泉、塩化物泉、硫黄泉、硫酸塩泉、含土類石膏炭酸泉、含土類芒硝泉、炭酸水素塩泉

効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、 関節のこわばり、うちみ、くじきなど

泉質が多いので効能については「温泉の泉質と効能」の項を参照してください。


【アクセス】

JR:「小田原駅」より
 伊豆箱根登山鉄道「強羅駅」終点下車

車:小田原厚木道路箱根口ICより
 R1 →R138

 東名高速道路「御殿場IC」より
 R138を小田原方面


【宿泊】

強羅温泉には昔ながらのホテル、旅館も点在しています。

ラフォーレ強羅」「桐谷 箱根荘」「翠光館」「ホテルマロウド箱根」「メルヴェール箱根強羅
」「旅館 玉樹「白湯の宿 山田家」日帰り入浴が可能です。



★ 箱根強羅温泉のお宿探し ★


★人気温泉地ランキング★



恋に効く貸し切り・露天で★8800円のプレミアム温泉ステイ★
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
健康維持
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。