館山温泉(たてやま温泉郷)

館山温泉


館山温泉は館山市、房総半島の南端部にある温泉。

地元の宿が温泉を掘りあてたのが始まりで、温泉地としての歴史はまだ新しい。
2005年秋に館山温泉組合によって開湯宣言が出され、「たてやま温泉郷」として広い範囲に渡って温泉が開拓されています。


海の近くなのでナトリウムを含んだ温泉が多いです。

日帰り温泉施設も「休暇村館山(花海の湯)」「里見の湯」「不老山 薬師温泉」と首都圏からのアクセスがよいことも手伝って、さまざまな施設が出来ています。


【たてやま温泉郷の泉質】

館山温泉
泉質:ナトリウム塩化物泉、硫酸塩泉、炭酸鉄泉など
効能:一般的適応症、慢性皮膚病、慢性婦人病、慢性消化器病

南館山温泉
泉質:単純温泉
効能:一般的適応症

たてやま平砂浦温泉
泉質:炭酸水素塩泉含アルミニウム泉、含鉄泉
効能:一般的適応症

吉祥龍神の湯
泉質:炭酸水素塩泉、硫酸塩泉
効能:一般的適応症、やけど・切り傷、慢性皮膚病など


【アクセス】
JR内房線「館山駅」より
 バス

車:館山自動車道「木更津南IC」または「君津IC」より
 富津館山道路「富浦IC」→R127で館山市市内 その後 海岸線、県道257、R410等で各温泉へ


【宿泊】
各地で旅館や民宿、ホテルが点在しています。

日帰り入浴は「元湯天然温泉 吉祥」「しおさい館山シーサイドホテル安房自然村(不老山薬師温泉)いこいの村たてやま」「海の湯宿 花しぶき」「休暇村館山(花海の湯)」「里見の湯」で可能です。


★房総半島のお宿探し★


★人気温泉地ランキング★


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
健康維持
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。