三朝温泉(みささおんせん)

三朝温泉


三朝温泉は、鳥取県東伯郡三朝町にある世界でも有数の放射能泉

三徳川の両岸に旅館が立ち並び、情緒のある和風旅館が多く存在します。

国立病院や大学病院、温泉研究所ががあり、観光客だけでなく療養目的で訪れる湯治客も多くいます。

三朝(みささ)の名前は三晩泊まって三回朝を迎えると、どんな難病も治るといわれたことが由来とされています。。

1995年、三朝温泉地の住民のガンによる死亡率は37年間の統計解析から全国平均の約1/2であると調査結果が報告され、「低線量被爆の影響を科学的に調べ直すべきだ」と提言されています。

ホルミシス効果:温泉が湧出後、ラドンは気化して空気中に散ります。この気化したラドンを吸うと体内に入ったラドンの微量な放射線・熱が細胞に刺激を与え、新しい細胞がどんどん増え、体内の新陳代謝が促進されます。
この新陳代謝の促進により、体の免疫力や自然治癒力が高まります。
これを放射線のホルミシス効果といいます。


【三朝温泉の泉質】

泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉<放射能泉>

効能:リウマチ、痛風、動脈硬化、高血圧、糖尿病、ぜん息、アトピー、神経痛、皮膚病、疲労回復など


【アクセス】

JR:山陰本線「倉吉駅」より
 日ノ丸バスで20〜25分

バス:大阪(OCAT)より
 ビッグバード号(倉吉行き 三朝温泉口下車)時刻表

車:中国自動車道「院庄IC」より
 R179を北上

 米子自動車道路「蒜山IC」より
 R482 →R313 →R179

飛行機:鳥取空港より
 リムジンバス(日ノ丸バス)

 三朝温泉周辺のマップ


【宿泊】
昔ながらの宿屋街

共同浴場に「菩薩の湯」「河原風呂」(露天風呂、混浴)「株湯」があります。
足湯、飲泉場、温泉スタンドもあります。

また「旬彩の宿 いわゆ」「花屋別館」「三朝館」「後楽」「木屋旅館」「有楽」「三朝ロイヤルホテル」「もみの木の宿 明治荘」「大橋」「グランパスinn三朝」「万翠楼」「依山楼 岩崎」「中屋」で日帰り入浴が可能です。(入浴時間をお確かめの上ご訪問下さい!)


★ 三朝温泉のお宿探し ★


★ 高速バス予約 ★


★ 航空券予約 ★


★ANA楽パック(航空券+宿泊)★



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61395462

この記事へのトラックバック
健康維持
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。