嬉野温泉(うれしのおんせん)

嬉野温泉


嬉野温泉は佐賀県嬉野市嬉野町、長崎県との県境近くにある温泉。

泉質は弱アルカリ性の重曹泉(ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉)で
中央温泉研究所と藤田聡によって「日本三大美肌の湯」(斐乃上温泉喜連川温泉嬉野温泉)に選ばれています。

嬉野温泉は江戸時代に長崎街道の温泉宿場町として栄え、名物はこの温泉水で豆腐をトロトロに煮込んだ「温泉湯豆腐」。
それとお茶の産地なので美味しいお茶もいただける。

江戸時代の宿場町を再現したテーマパークがあって楽しめるし、さらに足を伸ばせばハウステンボスにも以外と近い。

ハウステンボスに行く際にはぜひ嬉野温泉にも寄って、温泉で美肌にさらにとうふとお茶でヘルシーになるのもいいかも。


【嬉野温泉の泉質】

泉質:重曹泉(ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉) 

効能:美肌、リューマチ、神経痛、皮膚病、婦人病、貧血症など


【アクセス】

JR:長崎本線「肥前鹿島駅」より
 祐徳バスで約30分

 佐世保線「武雄温泉駅」より
 JR九州バスで約30分

佐世保線「佐世保駅」より
 西肥バス

大村線「彼杵駅」より
 JR九州バスで約25分。

高速バス:(博多駅交通センター、西鉄天神バスセンター)または長崎駅より
 九州急行バス 時刻表

車:長崎自動車道「嬉野IC」より
 県道1号線すぐ

飛行機:佐賀空港より
 乗り合いタクシー 約1時間

 長崎空港より
 長崎県営バスで「大村ターミナル」→「大村駅」より 大村線「彼杵駅」→JR九州バス

 嬉野温泉マップ


【宿泊】

嬉野川を中心に旅館、ホテルが40軒ほどあります。

花とおもてなしの宿 松園」「入船荘」「ことぶき屋旅館」「神泉閣」「第二笹屋」「旅館大村屋」「嬉野館」などで日帰り入浴が可能です。


湯遊チケット(1,200円・10枚つづり)を利用すると26ヵ所の入浴施設でお得に使うことができます。


★ 嬉野温泉のお宿探し ★


★ 高速バス予約 ★


★ 航空券予約 ★


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/63877023

この記事へのトラックバック


Excerpt: 長崎自動車長崎自動車(ながさきじどうしゃ)は長崎県長崎市に本社を置く路線バス事業者である。1936年4月28日設立。営業エリアの広さの割に保有車両数が多く、約600台を保有する。本社所在地は長崎市新地..
Weblog: 長崎・佐賀・大分・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄の企業
Tracked: 2008-02-15 15:44
健康維持
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。