日田温泉(ひたおんせん)

日田温泉


日田温泉は、大分県日田市の中心部、三隈川沿いに湧く温泉。

日田市は江戸時代、徳川幕府の天領(幕府直轄地)として栄えたところ。

そのため、古い町並みを残して歴史的建造物が並んでいて「九州の小京都」と呼ばれています。

夜になると三隈川にある屋形船で宴会をしながら鵜飼い鑑賞ができるのも魅力。(5月20日〜10月末日)

日田温泉の開湯は新しく昭和29年(1954年)で、何度か掘削に失敗したあと現在の日田温泉が湧出したとか。

日田の水郷風景を眺め、温泉につかり、ここの名物の鮎料理を楽しんでみては。



【日田温泉の泉質】

泉質:単純温泉

効能:リウマチ、神経痛、疲労回復、不妊症、皮膚病など


【日田温泉へのアクセス】

JR:「久留米駅」「大分駅」より
 久大本線「日田駅」下車 バスで約5分

車:大分自動車道「日田IC」より
 R212

 日田温泉周辺のマップ


【宿泊】

隈一町、紺屋町付近の三隈川沿いに8軒程度の旅館があります。

ひなの里山陽館」「リバーサイドホテル山水館」「日田の宿 よろづや」「グランドホテル 三隈」などで日帰り入浴が可能です。


★ 日田温泉の宿 ★


★ 人気温泉地ランキングTOP20 ★

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67064834

この記事へのトラックバック
健康維持
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。