喜連川温泉(きつれがわおんせん)

喜連川温泉


喜連川温泉は、栃木県さくら市あるのどかな田園風景が広がる中にある温泉


喜連川は足利氏の城下町だったところで、奥州白河の関に抜ける奥羽街道の宿場町として栄えました。

喜連川温泉の開湯は1981年と比較的新しく、当時「町おこし」のためボーリングによって掘り当てました。

喜連川温泉の泉質は良質で、中央温泉研究所と藤田聡によって「日本三大美肌の湯」(嬉野温泉斐乃上温泉喜連川温泉)として選ばれました。

公共の日帰り施設や宿泊施設があって気軽に訪れることができ、年間5万人以上が訪れます。

温泉手形を購入すると、7施設のうち3施設に入浴することができ、さらに特典つきです。(1,500円)



【喜連川温泉の泉質】

泉質:ナトリウム塩化物泉、
   含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(喜連川早乙女温泉)

効能:切り傷、火傷、皮膚病、神経痛、慢性婦人病、糖尿病など 


【喜連川温泉へのアクセス】

JR:東北本線「氏家駅」より
 東野交通バス「喜連川温泉行き」

車:東北自動車道「矢板IC」より
 R4 →R293

 喜連川温泉周辺のマップ


【宿泊】

宿泊施設は数軒。「かんぽの宿 栃木喜連川温泉」「ホテルベルセルバ」「ハートピアきつれ川」など

日帰り入浴が可能な施設は「喜連川温泉 もとゆ温泉」「喜連川温泉 露天風呂」「喜連川温泉 町営喜連川城」「かんぽの宿 栃木喜連川温泉」「ハートピアきつれ川」「道の駅きつれがわ」「喜連川早乙女温泉」です。

道の駅きつれがわ」は国道293号沿いに、また「喜連川早乙女温泉」は荒川をはさんだ対岸にあります。



★ 人気温泉地ランキングTOP20 ★


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
健康維持
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。